大学生にバナー制作を教えてみた #14デザインの四大原則

大学生にバナー制作を教えてみた #14デザインの四大原則

今回は、デザインの四大原則についてご紹介します。この4つの原則に従うことで、デザインは美しく理解しやすくなります。

カトウヒカルの顔写真

1.近接

近接とは、同じ属性の物をグループ化して、適切な余白を生むことです。

デザインの四大原則|近接

「余白は大切」という言葉を耳にしますが、余白とは「余白を作る」のではなく「同じ属性の物を適切にグループ化したら自然と生まれる物」です。

2.整列

整列とは、近接によりグループ化を行った物を、透明な線に沿って並べる事です。

デザインの四大原則|整列

見えない中央線で中央寄せする事も整列ですが、上下左右のラインに合わせることで、ユーザーの目線は自然に流れます。

3.強弱

強弱とは、優先度に応じて、サイズや色でメリハリを付ける事です。

デザインの四大原則|強弱

バナーデザインは広告として機能するデザインなので、強弱を意識することは重要です。

4.反復

反復とは、同一のモチーフを繰り返し使うことで、全体に一貫性を持たせる事です。

デザインの四大原則|反復

5.まとめ

デザインの四大原則のまとめです。

デザインの四大原則

  • 近接はグループ化
  • 整列は見えない線に並べる
  • 強弱はメリハリ
  • 反復はモチーフを繰り返す

「#14デザインの四大原則」を撮影していますので、是非ご覧ください。

6.動画を見る

この記事をシェアする

ライター紹介

カトウヒカルの顔写真

カトウヒカル

福岡で活動するフリーランスWEBデザイナー。「ひとつひとつを丁寧に」をコンセプトに、WEBデザイナーの役に立つコンテンツを発信しています。

SNSでフォローする