大学生にバナー制作を教えてみた #6プロが使う和文フォント

大学生にバナー制作を教えてみた #6プロが使う和文フォント

今回は、プロ御用達の和文フォントをご紹介します。OSに標準で入っている、もしくはTypekitでダウンロード可能なフォントに限定しています。

カトウヒカルの顔写真

1.マルチに使えるゴシック体

頻繁に利用する汎用的なフォントです。新ゴに関しては、残念ながらTypekitでは1ウエイトしか使えません…。

マルチに使えるゴシック体

2.優雅で美しい明朝体

こちらも利用頻度が高いフォントです。リュウミンは、こちらもTypekitでは1ウエイトしか使えません…。

優雅で美しい明朝体

3.キャッチコピーに使える見出し系

見出しで使うことを前提に作られたフォントです。

キャッチコピーに使える見出し系

4.ナチュラルで可愛い丸ゴシック系

このところよく見かける丸ゴシック系のフォントです。僕が画像で使っているフォントも「筑紫A丸ゴシック」を使っています。

ナチュラルで可愛い丸ゴシック系

5.フォント選びについて

フォント選びで迷い始めると、かなり多くの時間を使ってしまうことがあります。

それを避けるためにも、自分がよく使うフォントを予め決めておき、制作に余裕があるときに後から変更する方が制作効率は良くなります。

6.まとめ

プロが使う和文フォントのまとめです。

プロが使う和文フォント

  • このフォントを押さえればOK
  • よく使うフォントを決めておく

「#6プロが使う和文フォント」を撮影していますので、是非ご覧ください。

7.動画を見る

この記事をシェアする

ライター紹介

カトウヒカルの顔写真

カトウヒカル

福岡で活動するフリーランスWEBデザイナー。「ひとつひとつを丁寧に」をコンセプトに、WEBデザイナーの役に立つコンテンツを発信しています。

SNSでフォローする