大学生にバナー制作を教えてみた #5明朝体とゴシック体

大学生にバナー制作を教えてみた #5明朝体とゴシック体

基礎の基礎ですが、まずは「明朝体」と「ゴシック体」についてご紹介します。

カトウヒカルの顔写真

1.明朝体とゴシック体

書体には大きく分けて「明朝体」と「ゴシック体」があります。

明朝体とゴシック体

2.ふたつの違い

明朝体とゴシック体には、それぞれ「飾りがあるか無いか」「線の幅が均等かバラバラか」という違いがあります。

明朝体とゴシック体の違い

3.セリフとサンセリフ

欧文では「セリフ」「サンセリフ」と呼び方が変わります。セリフは「飾り(ウロコ)」を表しており「サンセリフ」は、その「飾りが無い」という意味です。

セリフとサンセリフ

4.それぞれの利用シーン

僕の主観が入りますが、明朝体は「読む文字」に使われることが多く、ゴシック体は「見る文字」に使われています。

それぞれの利用シーン

バナー制作は広告として機能すべきデザインなので、基本的には視認性の高いゴシック体で制作します。

5.まとめ

明朝体とゴシック体のまとめです。

明朝体とゴシック体

  • 2つの違いは「飾り」や「線の幅」の違い
  • 欧文では「セリフ」「サンセリフ」と呼ぶ
  • 明朝体は「読む文字」ゴシック体は「見る文字」

「#5明朝体とゴシック体」を撮影していますので、是非ご覧ください。

6.動画を見る

この記事をシェアする

ライター紹介

カトウヒカルの顔写真

カトウヒカル

福岡で活動するフリーランスWEBデザイナー。「ひとつひとつを丁寧に」をコンセプトに、WEBデザイナーの役に立つコンテンツを発信しています。

SNSでフォローする