大学生にバナー制作を教えてみた #9RGBとCMYK

大学生にバナー制作を教えてみた #9RGBとCMYK

今回は、カラーモードの「RGBとCMYK」についてご紹介します。ふたつの違いについてしっかり理解しましょう^^

カトウヒカルの顔写真

1.RGBとは

RGBは「光の三原色」である、赤:Red・青:Blue・緑:Greenの事です。

RGBとは

RGBは色を混ぜるほど「白」に近づいて行きます。

RGBカラーは主に、パソコンやスマホのディスプレイなどで利用されるカラーモードです。

2.CMYKとは

CMYKは「色の三原色」である、C:シアン・M:マゼンタ・Y:イエローと、K:キープレート(黒)の事です。

CMYKとは

CMYKは色を混ぜるほどに「黒」に近づいて行きます

CMYKは主に、雑誌やパンフレットなど、印刷物のインクで利用されるカラーモードです。

3.RGB値と16進数

バナーはWEBサイトで表示されるので、先程のRGBカラーを使います。RGBカラーは「RGB値」と「16進数」のふたつの表記方法があります。

RGB値と16進数

16進数で表記すると「6桁」で済むので、オススメなのは16進数での表記です。

4.金色や銀色

RGBカラーでは「金色や銀色」など、メタリック系の色を直接カラーピッカーで選ぶことは出来ません。

金色や銀色

金色や銀色は「グラデーション」で表現します。

5.まとめ

RGBとCMYKのまとめです。

RGBとCMYK

  • WEBではRGBカラーモードを利用する
  • 16進数での表記がオススメ
  • メタリックはグラデーションで表現する

「#9RGBとCMYK」を撮影していますので、是非ご覧ください。

6.動画を見る

この記事をシェアする

ライター紹介

カトウヒカルの顔写真

カトウヒカル

福岡で活動するフリーランスWEBデザイナー。「ひとつひとつを丁寧に」をコンセプトに、WEBデザイナーの役に立つコンテンツを発信しています。

SNSでフォローする