大学生にバナー制作を教えてみた #1自己紹介

大学生にバナー制作を教えてみた #1自己紹介

大学生にバナーデザインを教える事になりました^^。基礎から応用までやるつもりなので、初学者の方にも参考程度に見ていただければと思います。

カトウヒカルの顔写真

1.一通のメール

僕のポートフォリオサイト(ヒカルデザイン|福岡のフリーランスWEBデザイナー)に一通のメールが届きました。

メール概要

「バナーとLP制作によく使う(もしくは最低限必要)photoshopとillustoratorのテクニックを教えていただきたいです。」

送り主は大学四年生のWEBデザイン初学者の方で、普段は制作会社やクライアントからのメールしか届かないポートフォリオからの問い合わせに「おお、珍しいな…」と思いながらメールを読みました。

どうやらコーディングの基礎は学習できているけれど、PhotoshopやIllustratorのオペレーションやデザインの学習で行き詰まっているようでした。

2.企画の提案

初めは「バナーのデザインチェックくらいでしたら、時間を見つけて回答しますよ^^」と返事を送って、「あまりコミットするのもなぁ」と考えていたのですが…^^;

彼の通っている大学のホームページに見覚えがあり「ん〜、何だったかな」と記憶をたどっていたら、そう、僕がフリーランスになりたての頃に、ベースコーディングを行った大学の生徒さんだったのです^^

↓僕がベースコーディングした、彼の通う大学のHP

とある大学

これも何かの縁と感じ、少しでも力になることはできないものかと考えたのが、今回の「大学生にバナー制作を教えてみた」という企画です。

僕自身、誰かにデザインを教えた経験はほとんど無いですし、教えることは自分の知識の棚卸しにもなるし、ブログやYouTubeのネタもできるし「動画の撮影に協力してもらえるなら、バナーデザインを教えますよ」と打診したところ快諾してもらえたので、今回からこの企画を進めたいと思います^^

3.大学生の紹介

彼の名前は水野くん23歳。北九州にある某大学の外国語学部に通う大学四年生です。

WEB制作の経験は無く、現在はProgateでコーディングの基礎を学んでおり、最近ポートフォリオサイトの制作を行ったそうです。

4.WEBデザイナーを目指す経緯

水野くんがWEBデザイナーを目指している経緯は、大学四年生で就職活動を開始したけれど目標が無く、業界を調べて行く中で「成長産業であるIT業界」に目をつけたそうです。

そのファーストステップとして「まずはWEBサイトを作ろう」と考え、その中でWEBデザイナーという職業を見つけて、現在学習を進めている最中です。

5.バナー制作を学びたい理由

ポートフォリオサイトを完成させた水野くんは、実務経験を積むために制作会社のアルバイトへ応募しました。

しかし、面接官から「PhotoshopとIllustratorのスキルが分からない」との理由で採用が見送られたそうです。

自分でもデザインのスキルが無いことは承知していたので、ダメ押しで僕のフォームから冒頭の内容でメールを送ったということです。

6.まとめ

大学生にバナー制作を教えてみます

  • 一通のメールが届く
  • 僕から企画を提案
  • バナー制作教えます

「#1自己紹介」を撮影していますので、是非ご覧ください。

7.動画を見る

この記事をシェアする

ライター紹介

カトウヒカルの顔写真

カトウヒカル

福岡で活動するフリーランスWEBデザイナー。「ひとつひとつを丁寧に」をコンセプトに、WEBデザイナーの役に立つコンテンツを発信しています。

SNSでフォローする